FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

いぬかわり(最終話)

2013年05月25日
「はぁ、はぁ、アルナ…気持ちいいよ。君は最高の変態だよ」
彼らはひたすら亜季菜(アルナ)を犯し続ける。

「うくぅう、ぐふぅ~」

亜季菜(アルナ)の顔は真っ赤であり人間の女の子としての絶頂に浸っていた。
慶太(チャック)は本能のままに何度も亜季菜(アルナ)の女性器に肉棒の出し入れを
繰り返した。
それと同時に中年男性二人も肉棒を出して亜季菜(アルナ)を犯し続けていた。

「はぁ、はぁ、もう我慢できないよ、アルナ。顔にたくさんの汁をかけてあげるね」
「俺も我慢できないっ。いっぱい、身体中にぶっかけてやるよ。へへへ」
彼らの肉棒は徐々に膨張していった。
そして……

「ぐぐっ……ぐふぅ…」

慶太(チャック)はついに肉棒が爆発して精液が亜季菜(アルナ)の中に入ってしまった。
その後遅れて二人の中年男性も亜季菜(アルナ)の尻部分に卑猥な出し汁を垂れ流し、彼
女の身体を精子まみれにさせた。

「はぁ・・・はぁ・・・・はぁ・・・・・気持ち良かったぜ」

中年男性二人は気が抜けたようで穏やかな表情になり床に座り込んだ。
そして慶太(チャック)は亜季菜(アルナ)の汚れている部分を舐め始めた。

「・・・・・むふっ」

亜季菜(アルナ)も気持ち良さそうにそれを受け入れていた。
まるでそれは恋人同士がじゃれあっているように見える・・・・・。

それを目の当たりにしてしまったアルナ(亜季菜)とチャック(慶太)は気まずくなった。
自分たちの醜態を見てしまい、極度に恥ずかしくなってしまった。
そのとき男が立ち上がり玄関の扉を開けた。

「おい、おまえら。自由になりたいんだろ。ここから出て行ってもいいぜ」
アルナ(亜季菜)とチャック(慶太)は外へ出て行った。
彼らから解放された二人(いや、二匹というべきか)はその場をすぐに走り去り森の奥
深くまで逃げていった。




それからのこと・・・・。

亜季菜(アルナ)と慶太(チャック)の間に可愛らしい赤子(女の子)が一人生まれて
いた。
中年男性二人にペットとして飼われており調教され人間の言葉は覚えずずっとのまま
だった。だがそれ以上の嫌がらせは特に何もせず、それなりに幸せな家庭を築いたよう
である。


一方、アルナ(亜季菜)とチャック(慶太)はそのまま野生でとして生活をすること
になった。
最初のうちはとしての生活に馴れなかったのだが月日が経過して行くうちに徐々に身
体に刻み込まれている本能に目覚め生活を送り続けることができた。

身体が入れ替わって一年が経過した頃にはこの二人の間で四匹の可愛らしい仔が生ま
れた。
彼らはアルナ(亜季菜)の乳をおいしそうに飲んでいた。

アルナ(亜季菜)とチャック(慶太)もまた元の身体に戻れないながらも赤子を設け
としてそれなりに幸せな家庭を築くことができた。



(おわり)



※執筆:2010/05/20
※加筆修正:2013/05/25
※公開開始日:2013/05/25



スポンサーサイト
いぬかわり | Comments(0) | Trackback(0)

いぬかわり(第8話)

2010年04月29日
「むぐっ!はぁ~、アルナ、とっても美味しいよぉ。まったくといっていいほど美味だよ
。今度は私が美味しいモノを食べさせてあげるからね。とっても素晴らしい『ホットド
ッグ』をごちそうするよっ。」
「くぅーん」
そういうと彼は亜季菜(アルナ)を引き連れて近くにあるラブホテルに入ろうとした。
だが、そのとき…。
「亜…亜季菜っ!!」

背後から声が聞こえた…。
後ろを振り返るとそこには亜季菜の恋人である桐盛 慶太が立っていた。
「はぁ、はぁ、亜季菜っ、ようやく見つけたぞ!!」
「なんだ?お前は?」
「亜季菜の恋人だ。彼女を放せ!!」
「そうか。そういう関係かぁ。だが残念だったな。ここにいるのはお前の恋人じゃない
私の愛犬の『アルナ』だ」
「くぅ~ん!」
亜季菜(アルナ)はご機嫌そうに愛らしい舌を使い男の頬を嘗め回しながら犬声で返事
を返した。
「ははは、くすぐったいじゃないか、アルナ。ほら、目の前に人が見てるぞ」
「これは、いったい…!!」
「さてと少し眠っててもらおうか」
ガッ!!
「…うう!」

慶太は気絶した。
男は慶太を連れて家へ戻った。
(こっ、ここは・・・・。)
慶太は身体に違和感を感じたまま目を覚ました。
「ようやく気がついたようだな。新しい身体の調子はどうだい?」
慶太の目の前には中年男性二人が立っていた。
彼らは慶太を見てニヤニヤと笑みを浮かべながら様子を伺っていた。
「君には悪いんだがこれからは犬として生活してもらうよ」
姿見を覗くとそこには茶色の雄犬の姿があった。
「どうだね?気に入ったかい、チャック君の身体は?」
「くぅ~ん!」
中年男性はアルナ(亜季菜)を連れてきた。
「くぅ~ん(桐盛くん!)」
「わんっ、わんっ(あっ、亜季菜なのか?)」
「ははは。犬同士仲良くしてるんだな」
男二人はそういって去っていった。

そしてしばらくすると彼らは全裸になっている『慶太』と犬耳メイド姿をしている『亜
季菜』を連れてきた。首には首輪を付けられており飼い犬のようになっていた。
「ははは。中身は分かってるよな。お前の身体とその茶色の雄犬…チャックの身体を入
れ替えさせてもらったぞ!これから俺ら三人でお前の恋人だった亜季菜ちゃんの身体と
よろしくやろうと思ってね」
中年男性二人は服を脱ぎ捨て慶太(チャック)と同じく全裸となり、亜季菜(アルナ)を
犯す準備が整った。
「さぁ、アルナ。たくさん可愛がってあげるよ」
「はぁ~、これが変態な女子高生犬かぁ。たっぷりと俺らに御奉仕するんだぞ」
「わんっ、わん!!」

彼ら三人は亜季菜(アルナ)を目掛けて飛び掛った。
飼い主である男は犬耳メイド姿の亜季菜(アルナ)の唇にそっとキスをした。
すると、亜季菜(アルナ)のほうもそれに答えて男の唇に愛らしい舌を入れ舌同士を絡
ませる。床には大量の唾液が交じり合って零れ落ち床を淫ら色に汚していった。
そしてもう一人の男は亜季菜(アルナ)の胸を舐め続け、慶太(チャック)は本能のま
まに男性器を膨れ上がらせ亜季菜(アルナ)の秘部に挿入した。
「ぐふんっ」
「わんっ、わぁんっ~」
それにより亜季菜(アルナ)は快楽に浸り頬を赤らめ、人間の女としての絶頂を味わっ
ていた。同様に彼らもまた興奮が冷め止むことなく本能のままに亜季菜(アルナ)の身
体にあまたの刺激を与え興奮のあまり肉体の開発に協力し続けていた。
「はぁ、はぁ。アルナっ、いいよっ、最高だよ。こんなにエロイ名犬に育てて何よりだよ」
「くぅぁ、くふぅ~ん」

亜季菜(アルナ)が変態な声で吼え鳴くたびに彼らは亜季菜(アルナ)の身体に、寄り
添って絡み合い、犬耳メイド姿の亜季菜(アルナ)と中年男性二人と慶太(チャック)
と一緒に触れ合い続けた。
「くぅ~ん(もう、やめて)」
「わんっ、わんっ(や、やめろ!)」
それを近くで見ていたチャック(慶太)とアルナ(亜季菜)は自身の醜い姿を見てしまい
恥ずかしくて気まずく感じたので元の身体に戻りたいという気持ちが薄れ始めた。



(最終話へつづく)



いぬかわり | Comments(0) | Trackback(0)

いぬかわり(第7話)

2009年11月26日
「くあんっ、くぅあんっ♪くぅ~~~あんっ♪」

亜季菜(アルナ)は初めて人間の女の子の身体で外に出て気分が舞い上がっていた・・・・・。

「ははは、そんなに喜んでもらえてうれしいよ、アルナ。今日はアルナのために何処へ
でも連れて行ってあげるね。」

「くぁんっ♪」

彼はメイド服を着た犬耳の生えた亜季菜(アルナ)を鎖で引き連れて外に出て街中を
歩いた。

だが、道を歩いている途中・・・・。

「ぐぅー、わぁんっ、わぁんっ!!」

チャックの二倍ほどのサイズの体格の良い凶暴な雄犬が亜季菜(アルナ)に吼えた。

「くあんっ~、くぅあんっ!!」

亜季菜(アルナ)は怖くなり、怯えながら彼の背中に隠れた。

「おい、おまえ、よくもウチの娘(アルナ)を苛めたな。二度と私たちに牙を向けないよ
うにお前に罰をやるっ!!」

彼は目の前にいる犬に向かって念じた。

すると・・・。

犬は体格が変化し、毛が所々抜け落ちて痩せこけてしまった。

「きゃんっ、きゃんっ!!」

吼える声も弱々しく身体が震えており、先ほどとは違って威勢が全く感じられない。

「コラッ!!」

「きゃんっ~~~!!」

犬は彼の罵声に驚き逃げていった。

「さぁ、アルナ。もう怖くないよ。」

「くぅ~んっ、くんっ、くあ~~んっ♪」

亜季菜(アルナ)は嬉しそうに彼の頬を舌で舐めまわした。

「おいおい、そんなに舐めるなよ、アルナ。擽ったいだろ。ははは。」

彼はその後も犬耳メイドの格好をした亜季菜(アルナ)を鎖で引き連れて商店街に入った。
周囲の人間の目には中年男性が少女に変な格好をさせて一緒に歩いているため、注目を
浴びていた。

「くぅあんっ、くぅ~~あんっ♪」

亜季菜(アルナ)はペットショップの前で立ち止まった。
店の前にはガラス張りで犬の写真があるパッケージの袋があった。

その中にはドッグフードが入っていた。

「くあんっ、くぁんっ!!」

亜季菜(アルナ)はそれがほしいらしく元気な声で吼えた。

「アルナ、これがほしいのか?」

「くぅわあ~~んっ♪」

亜季菜(アルナ)は笑顔で頷いた。

「よし、買ってあげよう!少しココで待っててくれよ。」

「くぅわあ~~んっ♪」

そういうと彼は店の中に入りドッグフードを買った。

「さぁ、アルナ、お食べ。」

ガリッ、ガリッ、ガリッ~~!!!

亜季菜(アルナ)は袋の中に顔を突っ込み食べた。

「くわぁんっ♪」

「はははっ、アルナ、人間の身体になったんだから、ちゃんと手で食べるんだぞ!!」

「くあんっ、くわぁんっ♪」

彼がそういうと亜季菜(アルナ)は袋の中に手を突っ込み口に近づけドッグフードを食
べた。

「はははは。アルナは良い子だな。・・・私もなんだか小腹が好いてきたなぁ。そうだ、
アルナ、ドッグフードを私に食べさせてくれないかい?」

「くわぁんっ、くあんっ!!」

すると・・・。

亜季菜(アルナ)は彼の口元に近づきキスを交わした。そしてお互いの舌を絡め合わせて
ドッグフードが彼の口の中に移動させた。

ガリッ、ガリッ!!

「むぐっ!はぁ~、アルナ、とっても美味しいよぉ。まったくといっていいほど美味だよ
。今度は私が美味しいモノを食べさせてあげるからね。とっても素晴らしい『ホットド
ッグ』をごちそうするよっ。」

「くあんっ、くわぁんっ♪」

そういうと彼は亜季菜(アルナ)を引き連れて近くにあるラブホテルに入ろうとした。

だが、そのとき・・・・。

「亜・・・亜季菜っ!!」

背後から声が聞こえた・・・。


(第8話へつづく)


いぬかわり | Comments(0) | Trackback(0)

いぬかわり(第6話)

2009年11月04日
「くうあ~~ん~~、くあんっ、くぅああんっ~~~♪」

亜季菜(アルナ)は彼が持て成したご褒美にご満悦な様子で明らかに逝っており、
人間の女としての初めての快楽に浸っていた・・・。

「くうあぅん~~、くぅ~~んっ、くぅあんっ~~~♪」

「アルナ、鏡を見てごらん、これが人間の女の子の逝き恥姿なんだよ。これを
見てどう思う?嫌らしいと思わないかい?」

彼は部屋の姿見を指差して言った。

「くう~~ん~~、くぅあんっ、くぅああんっ~~~♪」

亜季菜(アルナ)は全裸で彼に気持ちよく穴を突付かれており尻尾を振りながら
上機嫌な声で答えた。

「・・・そうか。それは良かった。それじゃあ、そろそろ逝くよ。」

どきゅっ、どきゅっ、どきゅっっ~~~!!!

「ぅくぅぁん~~、くぅ~~んっ~~♪」

彼は思いっきり力を入れ肉棒が爆発した。
そしてそこから大量の精液が亜季菜(アルナ)の尻部分に放出された。

「くぅ~~~~んっ!!!」

亜季菜(アルナ)は人間の女としての快楽に浸っていた。

「はぁ・・・はぁ・・・。アルナ、全く最高だよ。・・・・最高の変態犬だよ。そうだ、
もう少しで夕方になるから散歩にでも連れて行ってあげよう。裸のままだと
不味いな。よし、主人である私が服を着せてあげよう。」

彼は肉棒に付着している汚れをティッシュで拭き取りブリーフ・ズボンを穿いて
身だしなみを整えた。

そして彼は目を閉じて再び何かを念じた。

すると・・・・。

亜季菜(アルナ)の前にメイド服が現れた。
彼の特殊能力でメイド服をイメージして具現化させたのである。

「さぁ、アルナ。これからお出かけするから、この服を着せてあげるね。」

「くぅ~~~~んっ、くぅあんっ、くぅあんっ!!!」

亜季菜(アルナ)は喜んでおり尻尾を左右に大きく振った。

彼は手馴れているように亜季菜(アルナ)に人間の服を着せた。姿見には
犬耳・尻尾を生やしメイド服を着た亜季菜(アルナ)の姿があった。

さらに彼は再び特殊能力を使い、犬の首輪と紐の代わりに鎖を出して犬耳
メイドの亜季菜(アルナ)に取り付けた。

「はははっ、完璧だよ。アルナ。これから私がたくさんエスコートしてあげる
からね。」

「くぅぁんっ、くぅ~~あんっ♪」

亜季菜(アルナ)は主人に可愛がられて喜びのあまり主人に抱きつき
顔を舐めまわした。

「はははっ、くすぐったいじゃないか、アルナ。どうやら上機嫌みたいだね。
それじゃあ、そろそろ行こうか。」

「くぅぁんっ、くぅ~~あんっ♪」

彼はチャック(男)のほうに顔を向けた。

「・・・というわけで、ちょっとこの娘の身体を借りたアルナを散歩
に連れて行くよ。」

「わおんっ~。(おうよっ~。)」

彼はチャック(男)に許可をもらい、首輪を付けられた犬耳メイドと
なってしまった亜季菜(アルナ)を鎖で引き連れて外に出た。

「くあんっ、くぅあんっ♪くぅ~~~あんっ♪」

亜季菜(アルナ)は初めて人間の女の子の身体で外に出て
気分が舞い上がった・・・・・。




(第7話へつづく)


いぬかわり | Comments(0) | Trackback(0)

いぬかわり(第5話)

2009年10月27日
どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ~~~!!!!

チャック(男)は大量の精液を発射し、アルナ(亜季菜)の中にすべて命中させた。

「わんっ、わあんっ、わああああんっ(あーあ、これは間違いなく妊娠だな。)」

「くぅ~~ん・・・・。(はぁ・・・はぁ・・・。)」

アルナ(亜季菜)は獣の身体で獣に犯されるのは初めてであり、これまでにない複雑な
感覚に襲われた。

アルナ(亜季菜)は疲れのあまりそのままその場に横たわった。




そのころ。

特殊能力者の男によって亜季菜の身体と精神が入れ替わった雌犬のアルナ・・・・・
亜季菜(アルナ)は彼に犯されていた。

「さぁ、アルナ!!これが君の新しい身体だよ。この人間の身体でたっぷりと主人であ
る私にご奉仕してくれないか!!」

「くぅ~~、わぁん、くわぁんっ~~。」

彼はズボンを下ろしてブリーフを脱いでグロテスクな肉棒を亜季菜(アルナ)に見せ付
けた。

「手始めに私のコレを舐めてごらん、アルナ。」

「くあんっ、くぅんんっ!!」

すると・・・・・・。

ちゅぱっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ~~~!!!

亜季菜(アルナ)は舐めるどころか彼の肉棒を口でおいしそうにしゃぶっている。
見た目は人間でも精神は獣(犬)であってその勢いは猛烈なものであり、どんどん彼の
股間を愛らしい御口で攻め続ける・・・。

「おいおい、アルナ。そんなにしゃぶるなよ。舐めるだけでいいっていったろ。全く仕
方のない子だな。あああっ!!!」

「くぅ~~、わぁん、あんっ♪」

彼は亜季菜(アルナ)の頭をやさしく撫で微笑んだ。亜季菜(アルナ)も自分のご主人
である彼に頭を撫でられて上機嫌になり二コリと微笑んだ。

「そうだ、アルナ。君に犬の耳と尻尾をつけてやろう・・・。」

彼は目を閉じイメージを想像し念じた。

「くあんっ、くわん、くぅあんっ~~!!」

亜季菜(アルナ)の茶系の髪に合わせて頭上に茶色の犬耳が生え、さらに尻には茶色の
太い尻尾が現れ、元気よく尻尾を左右に振っていた。

亜季菜(アルナ)は自分がご主人に可愛がってもらえて喜んでいるようだ。

「アルナ・・・。人間の身体になった暁にご褒美をやろう。」

彼は亜季菜(アルナ)の背後にまわり胸を揉み始めた。

「くぅ~~~ん、くぁ~~~んっ♪」

「ほらほら、気持ちいいだろ、アルナ!!これが人間の身体なんだぞ。さらに手を下に
持ってきてここに挿入するとだな・・・。」

彼は左手を亜季菜(アルナ)の股間部分に持ってきて指を穴の中に挿入した。

「くぅ~~あんっ♪」

「そうか、そうか。気持ちいいか。じゃあ、これだとどうかな、アルナ。」

彼は肉棒を手で掴み亜季菜(アルナ)の穴の中に侵攻した。亜季菜(アルナ)の『女
の子の入り口』は抵抗することもなく、すんなりと受け入り中に入ることができた。

「くうぅぅ~~、くぁんっ、きゃんっ~~~♪」

「アルナ・・・。それじゃあ、強く逝くよ。」

どきゅっ、どきゅっ、どきゅっ、どきゅっ~~~!!!!

彼は亜季菜(アルナ)の穴に肉棒を何度も出し入れするのを繰り返した。

「くうあぅん~~、くぁんっ、くゃんっ~~~♪」

亜季菜(アルナ)は頬を真っ赤に染め、眉に皺を寄せ、目を半分瞑り、口から透明な唾
液を出し、尻尾が少し振れ、耳がビンビンに硬直していた。

「アルナ、可愛いよ。主人である私にもっと恥ずかしい姿を見せてごらん。はぁ・・・
はぁ・・・はぁ・・・!!!」

亜季菜(アルナ)は彼が持て成したご褒美にご満悦な様子で明らかに逝っており、人間
の女としての初めての快楽に浸っていた・・・。



(第6話へつづく)

いぬかわり | Comments(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。