FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

いぬかわり(第7話)

2009年11月26日
「くあんっ、くぅあんっ♪くぅ~~~あんっ♪」

亜季菜(アルナ)は初めて人間の女の子の身体で外に出て気分が舞い上がっていた・・・・・。

「ははは、そんなに喜んでもらえてうれしいよ、アルナ。今日はアルナのために何処へ
でも連れて行ってあげるね。」

「くぁんっ♪」

彼はメイド服を着た犬耳の生えた亜季菜(アルナ)を鎖で引き連れて外に出て街中を
歩いた。

だが、道を歩いている途中・・・・。

「ぐぅー、わぁんっ、わぁんっ!!」

チャックの二倍ほどのサイズの体格の良い凶暴な雄犬が亜季菜(アルナ)に吼えた。

「くあんっ~、くぅあんっ!!」

亜季菜(アルナ)は怖くなり、怯えながら彼の背中に隠れた。

「おい、おまえ、よくもウチの娘(アルナ)を苛めたな。二度と私たちに牙を向けないよ
うにお前に罰をやるっ!!」

彼は目の前にいる犬に向かって念じた。

すると・・・。

犬は体格が変化し、毛が所々抜け落ちて痩せこけてしまった。

「きゃんっ、きゃんっ!!」

吼える声も弱々しく身体が震えており、先ほどとは違って威勢が全く感じられない。

「コラッ!!」

「きゃんっ~~~!!」

犬は彼の罵声に驚き逃げていった。

「さぁ、アルナ。もう怖くないよ。」

「くぅ~んっ、くんっ、くあ~~んっ♪」

亜季菜(アルナ)は嬉しそうに彼の頬を舌で舐めまわした。

「おいおい、そんなに舐めるなよ、アルナ。擽ったいだろ。ははは。」

彼はその後も犬耳メイドの格好をした亜季菜(アルナ)を鎖で引き連れて商店街に入った。
周囲の人間の目には中年男性が少女に変な格好をさせて一緒に歩いているため、注目を
浴びていた。

「くぅあんっ、くぅ~~あんっ♪」

亜季菜(アルナ)はペットショップの前で立ち止まった。
店の前にはガラス張りで犬の写真があるパッケージの袋があった。

その中にはドッグフードが入っていた。

「くあんっ、くぁんっ!!」

亜季菜(アルナ)はそれがほしいらしく元気な声で吼えた。

「アルナ、これがほしいのか?」

「くぅわあ~~んっ♪」

亜季菜(アルナ)は笑顔で頷いた。

「よし、買ってあげよう!少しココで待っててくれよ。」

「くぅわあ~~んっ♪」

そういうと彼は店の中に入りドッグフードを買った。

「さぁ、アルナ、お食べ。」

ガリッ、ガリッ、ガリッ~~!!!

亜季菜(アルナ)は袋の中に顔を突っ込み食べた。

「くわぁんっ♪」

「はははっ、アルナ、人間の身体になったんだから、ちゃんと手で食べるんだぞ!!」

「くあんっ、くわぁんっ♪」

彼がそういうと亜季菜(アルナ)は袋の中に手を突っ込み口に近づけドッグフードを食
べた。

「はははは。アルナは良い子だな。・・・私もなんだか小腹が好いてきたなぁ。そうだ、
アルナ、ドッグフードを私に食べさせてくれないかい?」

「くわぁんっ、くあんっ!!」

すると・・・。

亜季菜(アルナ)は彼の口元に近づきキスを交わした。そしてお互いの舌を絡め合わせて
ドッグフードが彼の口の中に移動させた。

ガリッ、ガリッ!!

「むぐっ!はぁ~、アルナ、とっても美味しいよぉ。まったくといっていいほど美味だよ
。今度は私が美味しいモノを食べさせてあげるからね。とっても素晴らしい『ホットド
ッグ』をごちそうするよっ。」

「くあんっ、くわぁんっ♪」

そういうと彼は亜季菜(アルナ)を引き連れて近くにあるラブホテルに入ろうとした。

だが、そのとき・・・・。

「亜・・・亜季菜っ!!」

背後から声が聞こえた・・・。


(第8話へつづく)


スポンサーサイト
いぬかわり | Comments(0) | Trackback(0)

いぬかわり(第6話)

2009年11月04日
「くうあ~~ん~~、くあんっ、くぅああんっ~~~♪」

亜季菜(アルナ)は彼が持て成したご褒美にご満悦な様子で明らかに逝っており、
人間の女としての初めての快楽に浸っていた・・・。

「くうあぅん~~、くぅ~~んっ、くぅあんっ~~~♪」

「アルナ、鏡を見てごらん、これが人間の女の子の逝き恥姿なんだよ。これを
見てどう思う?嫌らしいと思わないかい?」

彼は部屋の姿見を指差して言った。

「くう~~ん~~、くぅあんっ、くぅああんっ~~~♪」

亜季菜(アルナ)は全裸で彼に気持ちよく穴を突付かれており尻尾を振りながら
上機嫌な声で答えた。

「・・・そうか。それは良かった。それじゃあ、そろそろ逝くよ。」

どきゅっ、どきゅっ、どきゅっっ~~~!!!

「ぅくぅぁん~~、くぅ~~んっ~~♪」

彼は思いっきり力を入れ肉棒が爆発した。
そしてそこから大量の精液が亜季菜(アルナ)の尻部分に放出された。

「くぅ~~~~んっ!!!」

亜季菜(アルナ)は人間の女としての快楽に浸っていた。

「はぁ・・・はぁ・・・。アルナ、全く最高だよ。・・・・最高の変態犬だよ。そうだ、
もう少しで夕方になるから散歩にでも連れて行ってあげよう。裸のままだと
不味いな。よし、主人である私が服を着せてあげよう。」

彼は肉棒に付着している汚れをティッシュで拭き取りブリーフ・ズボンを穿いて
身だしなみを整えた。

そして彼は目を閉じて再び何かを念じた。

すると・・・・。

亜季菜(アルナ)の前にメイド服が現れた。
彼の特殊能力でメイド服をイメージして具現化させたのである。

「さぁ、アルナ。これからお出かけするから、この服を着せてあげるね。」

「くぅ~~~~んっ、くぅあんっ、くぅあんっ!!!」

亜季菜(アルナ)は喜んでおり尻尾を左右に大きく振った。

彼は手馴れているように亜季菜(アルナ)に人間の服を着せた。姿見には
犬耳・尻尾を生やしメイド服を着た亜季菜(アルナ)の姿があった。

さらに彼は再び特殊能力を使い、犬の首輪と紐の代わりに鎖を出して犬耳
メイドの亜季菜(アルナ)に取り付けた。

「はははっ、完璧だよ。アルナ。これから私がたくさんエスコートしてあげる
からね。」

「くぅぁんっ、くぅ~~あんっ♪」

亜季菜(アルナ)は主人に可愛がられて喜びのあまり主人に抱きつき
顔を舐めまわした。

「はははっ、くすぐったいじゃないか、アルナ。どうやら上機嫌みたいだね。
それじゃあ、そろそろ行こうか。」

「くぅぁんっ、くぅ~~あんっ♪」

彼はチャック(男)のほうに顔を向けた。

「・・・というわけで、ちょっとこの娘の身体を借りたアルナを散歩
に連れて行くよ。」

「わおんっ~。(おうよっ~。)」

彼はチャック(男)に許可をもらい、首輪を付けられた犬耳メイドと
なってしまった亜季菜(アルナ)を鎖で引き連れて外に出た。

「くあんっ、くぅあんっ♪くぅ~~~あんっ♪」

亜季菜(アルナ)は初めて人間の女の子の身体で外に出て
気分が舞い上がった・・・・・。




(第7話へつづく)


いぬかわり | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。