FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

いぬかわり(第2話)

2009年07月25日
「ああっ、いいぞっ、チャック!!舐めるのが上手くなったな。それでこそ俺の犬だ。」

「わんっ、わんっ!!」

亜季菜(チャック)は主人の肉棒をひたすら舐め続けていた。

「わぁんっ、わおーーーんっ!!(やめてってば、そんなことしないでよっ。)」

チャック(亜季菜)は必死に吼えたのだが思いが伝わらず、それを見届けることしか
できなかった。

そのとき・・・・・・。

ピンポーンッ!!

インターホンがなった。

「ん?誰だ?こんなときに!」

ガチャッ!!

玄関の扉を開けると、そこには慶太が立っていた。

「なんだぁ、おまえは?」

「あっ、すいません、少し尋ねたいんですけど、この辺に女の子と犬が走ってき
ませんでしたか?」

「ん?そんなもん知るか。帰れ、帰れ!!」

「そうですか・・・・。失礼しました・・・・。」

慶太は扉を閉じ引き返した。男は扉に鍵をかけ部屋へ戻った。

「お嬢ちゃん、知り合いが尋ねてきたみたいだぞ。まぁ、追い返したけどな。さてと
続きでもしよーか、なぁ、チャック~~!!」

「わぁんっ、わぁんっ、わああんっ!!!」

亜季菜(チャック)は男の肉棒を舐め続けた。

「わああんっ、わぁんっ(やっ、やめてっ!!)」

「ん?お嬢ちゃんはそこで見ているがいいさ。愛犬家の俺がお嬢ちゃんの身体を充分
可愛がってやるよ、そうだっ、チャック!!そろそろ新しい芸、教えてやるぞっ!!」

「わぁんっ、わぁんっ!!!」

「こっ、こらぁ~~、そこ舐めるなって~チャック~~!!くすぐったいだろ~~!
!はははっ!!!」

亜季菜(チャック)は喜んでいるようで男の股間を舐めまわした。

「よし、いい子だ!!じゃあ、始めるぞ!!」

「わぁんっ、わぁんっ!!!」

男は亜季菜(チャック)の着ている制服を掴み脱がし始めた。

「わああんっ、わぁんっ、わおーーんっ(ちょっ、ちょっとっ、まって、何してるの
、脱がさないでっ!!)」

チャック(亜季菜)はそれを見て恥ずかしくなり、目を逸らそうとした。

「はははっ、いい身体してるじゃないか、お嬢ちゃんよぉ~~、こんなに嫌らしい体
つきなら充分楽しめそうだぜっ!!!」

亜季菜(チャック)は制服、下着を脱がされ、産まれたときの姿になってしまった。
すると男もズボン、トランクスを脱いで下半身裸となった。

「わぁんっ、わああぁんっ!!!」

「チャック~~、これが新しい芸だっ!!いくぞっ!!」

「わんっ、わお~~ん!!!」

「わあああん、わぁん、わあんっ(ちょっと、まさかっ、やめてっ!!)」

男は亜季菜(チャック)をベッドに倒し、うつ伏せにさせ、男の卑猥なシッポである
エロスティックな肉棒を突きつけようとした。

「わあああん、わぁん、わあんっ(やっ、やだあああっ、やめてよっ!!)」

「わあんっ、わあんっ!!!」

「ははは、いくぜっ!!!」

ググッ!!!

男は亜季菜(チャック)の名器に肉棒を挿入させた。

「くぅあああん、くわぁんんっ~~~!!!」

亜季菜(チャック)は可愛い女の声でナイた。

「はははっ、チャック、気持ちいいだろ!!!これが新しい芸だぞっ!!!毎日、
俺に尻を向けてやってもらおうか!!はぁ~~はぁ~~!!」

「くわあああんん、わああああんん~~~!!!」

亜季菜(チャック)は男に肉棒を突きつけられて気持ちよさそうだった。亜季菜(チ
ャック)はこの卑猥な芸を覚えた。

「わぁん、わぁん(やっ、やめてーー!!)」

「へへへっ、なぁ~~、お嬢ちゃん、ありがとよ、チャックも喜んでるみたいだぞ!!
このまま中にブッカケてもいいよなぁ~、はぁ~~はぁ~~!!!」

「わぁん、わぁん(だめぇーー!!中に出さないでぇーー!!)」

「あっ、そっか、犬になったお嬢ちゃんに聞いても仕方ないか。・・・・・・・チャ
ックっ、中に出すぞっ!!いいよなっ?」

「くあわんんっ、わああんっ!!!」

「ははは、どうやらいいみたいだな!!じゃあ、だすぞっ!!あああっ、はああああ
っ~~~!!!!」

「わぁん、わぁん(やっ、やめてーー!!)」

だが・・・・・・・・それも虚しく・・・・・・・・・。

どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ~~~~!!!!!

男は大量のザーメンを放出してしまった・・・・・・・・・・。


(つづく)


いぬかわり

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。